2014年10月13日
硬式野球部2014首都大学野球リーグ戦秋季ホームゲーム報告

首都大学野球秋季リーグ戦第6節が2014年10月12・13日に土浦市営球場にて開催されました。今年50周年を迎える本リーグは、これまで神奈川県を中心に試合が行われてきたが、3年前から土浦市営球場でも開催されるようになりました。

【当日の様子】
バックネット裏は両日とも満席となり、筑波大側のスタンドもほぼ埋まるなどの盛況ぶりとなりました。特に2日目は台風が接近し雨が降る場面もあった中、初日よりも多くの方に来場していただきました。また、応援部の参加もいただけたことでより一体感のある応援団を作ることができました。

会場周辺には連盟の許可をいただき、ホームゲーム専用ブース(受付、グッズ販売、スティックバルーン配布など)を設けたほか、ポスターを貼り筑波大一色に染めることができました。
来場者数は、一昨年に初めて土浦市営球場で試合が行われた際の有料入場者数が二日間合計で約150名。昨年は二日間合計で246名と、今回のホームゲームで100名以上も来場者数を伸ばすことができました。これまでのホームゲーム運営の反省点を活かした改善と、新しい試みに力を入れた成果であると感じられました。

今回の新たな取り組みとしては、ホームゲーム専用のグッズ(Tシャツ・タオル)を製造・販売しましたが、部の公式ツイッターなどでの広報の成果もあり、とても好評でした。部員と来場者が同じTシャツを着て応援することで、スタンドの一体感を生み出せたと感じています。
春同様、予想以上の来場者数によりスティックバルーンの数が追いつかないほどでした。

     bb2014a1.jpg     bb2014a2.jpg

     bb2014a3.jpg     bb2014a4.jpg

(写真・文責/硬式野球部)