2014年4月14日
第49回日筑バスケットボール定期戦・開幕直前インタビュー

nittsuku2014.jpg今回で第49回を迎える日本体育大学vs筑波大学バスケットボール定期戦。今年の会場は筑波大学ということで、中央体育館が完成してから初の同大会ホーム開催となる。前大会で4戦全勝を収めたこともあり、今大会にも大いに期待が持てる。新キャプテンとして大会に臨む、笹山貴哉(体育4)・白慶花(体育4)両主将に今大会に懸ける意気込みを聞いた。

nittsuku2014m.jpg
今年はどんなチームですか?
【笹山】去年同様、雰囲気が良く、皆が思っていることを言い合えると思います。今年のスローガンは"覚
悟"ということで、これまでの成績を超えたいと全員が志しています。目標の「日本一」になるためには、まだまだ足りない部分がたくさんあるので、日々一生懸命練習しています。

【白】今年のチームは4年生を中心にまとまりのあるチームです。部員全員がとても元気で明るく、練習中に全員で声を掛け合え助け合えるチームです。雰囲気は良いです。今年のスローガンは「挑戦」です。何事にも挑戦し昨年の悔しさを晴らしたいです。

nittsuku2014w.jpg
日筑に懸ける意気込みを教えてください。
【笹山】僕自身、ラストイヤーに「筑波開催」ということなので、チームを引っ張り、勝ちたいという強い気持ちがあります。昨年度は、男女合わせて4連勝できたので、今年も4連勝を目指して頑張ります。応援よろしくお願いします。

【白】日筑は伝統のある大会であり私達にとっては特別な大会です。また今年はホームコートとなるので絶対に勝ちたいです。新チーム初の公式戦なので緊張しますが、チームで一致団結して勝ちに行きます!
部員全員が出場するので是非たくさんの方に観に来ていただきたいです。