2014年1月11日
【インタビュー】女子サッカー部インカレ準決勝進出!大友あかね主将(体育4)瀬戸口梢副主将(体育4)

1401102.jpg
第22回全日本大学女子サッカー選手権大会.
これまで3 - 1,1 - 1(PK3 - 2),0 - 0(PK6 - 5)と接戦を制して勝ち上がって来た女子サッカー部.来る1月17日(金)には,ついに準決勝の舞台に立ちます.相手はリーグ戦で引き分けている東京国際大.現在の心境を大友あかね主将(体育4・写真左)瀬戸口梢副主将(体育4・写真右)に伺いました.

これまでの戦いを振り返っていかがですか
大 友 「優勝を目指して挑んだので,毎試合ここで負けるわけにはいかないという気持ちを持って
      戦っていました.」
瀬戸口 「接戦が多かったですが,もともとほとんどが強い相手にチャレンジしていくという気持ちで
      臨んでいたので,これまでは筑波らしく戦えていると思います.」

準決勝の相手,東京国際大の印象を聞かせてください
大 友 「リーグ戦では,0 - 0の引き分けでしたが,インカレでは得点を重ねている事もあって,
      以前よりも強いチームになっていると思います.」
瀬戸口 「そうですね.けれど、準々決勝を終えてから,自分たちの修正だけでなく相手の対策も
      できているので,自分たちのサッカーができればいいと思います.」

試合に臨む時のこだわりのようなものはありますか
大 友「あるのですが,恥ずかしいから言えないですね(汗)」
瀬戸口「いつも同じものを身に着けたり,食事などには気を使ったりはしています.」
大 友「こだわりとは少し違いますがアップの雰囲気は自然といつも明るくなります.」

1年間振り返ってみていかがですが
大 友 「長かったですかね・・・けど楽しかったです.やはり,インカレで勝ち進むにつれてチームが
      1つにまとまっていくのを感じられて,勝つことの大切さを改めて実感しています.」
瀬戸口 「一言で言うと苦しかったな,と.勝てない時期が続いて,リーグ戦でもどん底を味わって
      から這い上がってきたんで・・・」
大 友 「終わりよければすべてよしですね(笑)」

後輩に伝えたい事があれば教えてください
瀬戸口 「他大学は,代表選手やスター選手がたくさんいて,戦う上でもあきらめそうになることも
      ありましたが,あきらめずに戦い抜く事を見せられたと思うので,筑波の良さとして,今後
      も引き継いでいってほしいと思います.」
大 友 「ついてきてくれてありがとう,という事ですかね.残りの試合を一緒に楽しめたらいいな
      と思います.終わった時に,結果がどうあれ笑えればいいですね.」

この試合に懸ける意気込みをもう一度教えてください
瀬戸口 「過去最高の成績が準決勝進出で,それが私たちが1年生の時でした.その偉大な
      先輩たちを超えたいと思ってやってきた部分もあるので,まずは準決勝を勝ち進みたい
      と思います.」
大 友 「みんなで決勝の舞台に立ちたいですね.」

最後に応援してくれている方々へメッセージをお願いします
瀬戸口 「おそらく苦しい戦いになると思うのですが,その中でも戦い抜く私たちの姿,ひたむきさ
      を見に来ていただければと思います.苦しい時こそ輝くのが筑波です.」
大 友 「準決勝の舞台は,たくさんの方々に見ていただける機会だと思います.フィールドも
      スタンドもすべて含めて筑波大学女子サッカー部の良さを見せられると思うので,
      是非応援にいらしてください.」

とても息の合った二人で,これまでの辛さや苦しさをパワーに換える力強さを感じました.インタビューの中では,チームを支えるスタッフへの感謝の気持ちも語っており,残りの試合を大切にしたいという思いが伝わってきました.初の決勝の舞台を掴み取る瞬間を,皆さまも会場でご覧ください!

1401101.jpg
  
   準決勝 筑波大 - 東京国際大 
    @味の素フィールド西が丘
   1月17日(金)11:00KickOff