2008年5月14日
【体育センターコラム 話題の宝庫より】 <第1回> 体力測定の結果はどうでしたか

 5月12日から16日まで共通科目正課体育の受講者を中心に総合体育館と球技体育館で体力測定が実施されました。1年生の皆さんは過去数年に渡り受験のためあまりスポーツをする時間が取れずに自分が思っている以上に体力が低下していると考えられます。また文科省のレポートによると20年程の間は小学生から大学生までの体力が低下して来ているとの事です。筑波大学に入学した人達も同様の傾向を示しています。さらに他の4年生大学と比較しても筑波大学の学生がより劣っている傾向が現われていました。新入生の皆さんは大学生活をどの様に送っているのでしょうか。高校時代までは安定した食生活、規則正しい生活を送って来たと思います。
 
 筑波大学に入学して食事の面や生活のリズムはどう変わったでしょうか。中には食事のバランスが相当におかしくなり、さらに生活のリズムがバラバラになってしまった人もいるのではないでしょうか。この様な状況で1学期が終了して帰省をし、久しぶりの家庭料理をお腹いっぱい食べて、昼間は暑いからクーラーの効いている部屋に閉じこもり、夕方から高校時代の友達と夜遅くまで飲んだり食べたりの毎日だったとか。この様なリズムが身についてしまうと学年が進むにつれてどんどん体力低下に磨きがかかってしまい、何をするのもおっくうになってしまい更に体力低下の悪循環に陥ってしまうのです。

 是非とも自分自身の体力の現状を把握して体力アップの参考とし、心身とも健康な生活に役立てて下さい。


進藤正雄 (体育センター)

【引用元】筑波大学体育センター 話題の宝庫より