2012年7月 2日
【陸上競技】 大室秀樹(体育4) 110mH 日本歴代3位!!

IMG_1862on.jpg 2012年6月22日~24日に2012日本学生陸上個人選手権が行われた.男子110mHに出場した大室秀樹(体育4)は,日本歴代3位となる13.54(+2.0)という好タイムで見事優勝を果たした.

 

 レース内容に関して,「スタートは良かったが,中盤の動きにはばらつきがあった.自分の感覚としてはあまりよくなかったが,追い風の影響もありいいタイムが出た.」と語る.(追い風の影響で)実際の力よりは、タイムの方が良かったとのことだが,それでも日本歴代3位の記録でオリンピックB標準を突破した.

 

 オリンピックといえば,先日の第96回日本陸上競技選手権大会では,エントリーをし損ねてしまい,ロンドンオリンピックの出場をかけたこの大会に出ることができなかった.日々研究に追われる生活で,気づいた時にはすでにエントリーが終了していたというが,「出場できたとしてもおそらくこれだけの好記録は出ていなかったと思う.出場できなかったのは残念だが,今回の結果が不幸中の幸いととらえて前向きにやっていこうと思う.」と,すでに整理はついているようだ.

 

 競技と研究の両立について,「それぞれの時間が限られている分,自然と無駄なく集中して取り組めている.研究が競技に支障を期待しているという感覚はあまりない.最近は実験の結果もあまり思わしくないので,研究の方も一生懸命やりたい.」と,忙しい中で充実した時間を送っている様子だ.卒業後は競技を続けることはもちろん,研究もさらに深めたいと進学を希望している.競技に関しては,「来年の世界選手権や4年後のオリンピックで決勝の舞台に立てるように,自分の課題をつぶしていきたいと思う.」と世界を見据えた目標を掲げている. 

 

IMG_1330 omuroon.jpg

 最後に,陸上競技部としての今後について,「昨季までは障害ブロックのブロック長を務めていたが,今はその役職も引き継いだ.これからは一人の選手として,練習の時から姿勢でみんなを引っ張っていきたいと思う.そして,障害ブロックとしてしっかり得点を取り,チーム全体を刺激したい.」と,力強く述べた.