筑波大学バドミントン部 筑波大学バドミントン部
障害者バドミントン部
現在,筑波大学バドミントン部障害者部門では、
選手 藤原大輔(体育専門学群4年)
顧問兼監督 境有紀(システム情報系教授)
コーチ兼トレーナー 藁科侑希(体育系特任助教) という体制で活動しています.

筑波大学バドミントン部女子チームは,二年連続インカレ優勝,関東リーグ一部連覇,
男子チームも関東リーグ一部など日本のトップレベルで活躍していますが,
藤原は既に日本代表として,世界選手権など数多くの国際大会に出場しています.

これまでの主な戦績は,以下の通りです.


2013年アジアユースパラ競技大会(韓国)
 シングルス3位(藤原),ダブルス3位(藤原・亀山)

2014年アジアパラ競技大会(韓国)
 シングルス予選リーグ敗退(藤原) ダブルス予選リーグ敗退(藤原・佐藤)

2015年インドネシアパラバドミントン国際
 シングルス2位(藤原),ダブルス3位(藤原・Ukun(インドネシア))

2015年パラバドミントン世界選手権(イングランド)
 シングルスベスト8(藤原),ダブルスベスト16(藤原・Nils(ドイツ))

daisuke1.jpgのサムネール画像  daisuke4.jpg  

筑波大学バドミントン部の公式HP お問い合わせはtsukubad298(at)gmail.com まで